AVSS blog

Real contents for you

Archive for the ‘VJの小話。’ Category

8月 29th, 2009

鉄機VJ!!

No Comments, VJの小話。, by DaLe.

すげぇ!
http://b-o-w.jp/blog/2009/08/28/steel-battalion-controller/

VJing with Steel Battalion Controller(鉄騎コントローラー) from hsgn on Vimeo.

お友達と話をしていてP-10の話になったので、
少し記事にしてみたいと思います。

P-10(P10) VISUAL PRESENTER

どういう製品かというと映像サンプラーです。
音も出ます。映像速度も変更できます。
外部入力した映像をその場でサンプリングすることも出来れば、
スルーして再生も出来ますからV-4などの映像切り替え機は必要ないです。
そして、ボタンを押した瞬間にSDカードに保存した映像を再生してくれる機械です。
さすがにハードウェアでMotionJPGを再生しているだけあって
とても映像がきれいで動きもスムーズです。
※MotionJPGというのは容量デカイくなるけど、CPUパワー使わずきれいに映像を圧縮する方法で
 ほとんど無圧縮に一番近い映像圧縮形式です。
発色もきれいなんですよねぇ。困ったことに。
これはきっと映像信号がきっちり出力されていてロスが少ないからでしょう。
PCから出るS端子の映像なんて所詮オマケみたいなもんですから比較になりません。
また、HDDベースの機械ではないため予想外のシーク/振動による動作停止/故障で困ることもなければ
PCベースでもないので、OSが不具合を起こしたり他の問題のせいで動きが緩慢になったり
ぶっ壊れたりする心配もほとんどありません。
映像の保存はSDカードですから、カードを入替えれば映像バンクを切り替えれます。
16GBで約5000円くらいと安くなったSDHCカードの入れ替えで無限大に映像をため込めます。
というわけで、iPODとコイツが有ればハイクオリティなVJプレイはなんとかなってしまう気がするんですよね。
何が言いたいかというと、
久々に僕の物欲がムクムクと首をもたげているので抑えるのが超大変というお話です。
これからVJを目指すというかたは、P-10を利用したシステムを是非ご検討くださいませ!

標準画質バージョン

高画質バージョン(音質もステレオで良好です 回線速度に余裕のある方はこちらをどうぞ)

FlashのMC(MovieClip)の使い方が分かってから、複合的な動きをするループ素材が作りやすくてとても楽しい。 てなことで、最近エレクトロポップやエレクトロハウスのDJさんのVJをすることが増えてきたので、エレクトロに使えそうな蛍光カラーの汎用素材を自作してみた。 手持ちの物にはこういうのが無かったので活用したい。 動きのアイディアが思いついたら逐次増産したり改良したりして行こうかと。
てなことで、VJプレイのサンプル。 曲はOAX-01 Electlogue 01に収録されているJiNG*da*LaW君のE2 Rorexをチョイス。 愛用のVJソフトであるfireflyにVJプレイの書き出し機能がないため、例によってPremiere上で複数の素材をルミナンスキー合成で重ねる手法でやっとります。
**************************************************
以前、mixiの日記に書いた内容ですが「僕はこういうVJをします」という外向けへのサンプルにもなると考えたため、こちらにも掲載しました。 feel my soul様のエントリーを参考にしつつ、YouTubeの「&fmt=18」画質で動画をブログに貼り付ける実験にもなったので、一粒で二度美味しい感じですw